2006年06月の全記事一覧

--/--/-- スポンサーサイト
2006/06/30 決勝カード目白押し。
今日から準々決勝。ドイツ-アルゼンチンイタリア-ウクライナイングランド-ポルトガルブラジル-フランス8チーム中なんと6チームが優勝経験国。まさに新旧王者の激突。どのカードも多かれ少なかれ因縁を抱え、全部決勝みたいだーその中でも特にたまらんのが、今夜のドイツ-アルゼンチンと明日のブラジル-フランス。ドイツ-アルゼンチンは'86大会と'90大会決勝の再現。'86はマラドーナのいるアルゼンチンが勝ち、'90は現ドイ...
2006/06/25 本当の開幕。
今日から決勝トーナメント開始。ここからが真の意味のW杯。一発勝負のガチンコ対決。強豪が順当に勝ち残った今大会はベスト16の時点から本当に垂涎もののカードが目白押し。オイラなどはトーナメント表を眺めているだけで「はぁはぁ」息が荒くなってくる。むちゃくちゃ楽しい2週間になりそうだ。さてさて、開幕前のオイラ予想。アルゼンチンが調子よすぎて1位通過してしまったし、我がニッポンは敗退してしまったので、この組合...
2006/06/23 世界標準。
2002年。世界に近づいたと感じた日本サッカーだったけれど、2006年。世界との差はまだまだ大きいことを実感させられた。というか正直後退したんじゃなかろうか…。本来サッカーというスポーツは、バスケットやラグビーとかと違って、肉体的ハンデが少ないスポーツで、チーム戦術をもって長所を生かし短所を補いつつ11人対11人で戦うスポーツであるからして、日本人でも十分世界に通用するサッカーができるはずなのに今大会の日本は...
2006/06/22 神様は微笑むか。
さていよいよ、明朝、運命のブラジル戦。数字の上で可能性は残っているけれど、どうなることやら。そうはいってもオイラは日本人であるから、朝から日本代表を激しく応援するつもりです。とにかく最低でも「敗戦の中にも収穫あり」といえる試合をしてもらいたい。前回トルコに負けた後、とにかく若手ストライカーのレベルアップをと声高に叫ばれたけれど、結局ジーコは平山や森本を連れて行くことはしなかった。例えば今朝のアルゼ...
2006/06/21 いやはやどーして。
今大会は強豪国がきれいに勝ち上がっているので決勝トーナメントはエライ面白くなりそうだなと思うと同時に、予選リーグはほとんど消化試合になっちゃいそうだなぁと思い、昨日、今日とハイライトしか見てなかったけれど、いやいや相変わらず素晴らしい試合が多い。初出場した日本がグループリーグ敗退後のジャマイカ戦で、なんとしても勝つ!と盛り上がっていたのを思い出した。サポーターも素晴らしい雰囲気だし。やっぱりW杯だ...
2006/06/19 神様。
川口を初めとしてよく守りきったというか、なんというか。勝ちたかった…。しかしオーストラリアにやられた時点で、ブラジルから勝ち点を採らなければならない状況は必須だったのだから、必要な勝ち点が1だろうが3だろうが…ただ王国相手に最低2点差以上で勝たなければならないという(多分)もんのすごいハードルを課されてしまった我がニッポン。ここまで数々の奇跡を起こしてきたブラジルの英雄率いるジーコジャパン。むしろ奇...
2006/06/18 ○○棒の法則。
今夜はなんといっても明日のクロアチア戦の話を避けて通るわけにはいかない。オイラはとことん信じとる。もう何はさておきとにかく勝利あるのみ!疑惑の判定でも構わない、とにかく勝ってくれ我がニッポン。そしてそしてこんな事を言うのは縁起でもないけれど、せめてせめてニッポンは世界の舞台でよー戦った!せめて試合後にこのように思わせて下さい<神様ジーコ。いやしかしね、今大会は強豪国が順当に勝ち進んでいってますが、...
2006/06/12 ふんばれニッポン!!
ドイツから始まり、イングランド、アルゼンチン、オランダと、毎日夢のような生活をおくっております。そして明晩はいよいよ我がニッポン登場!ちまたでは色々な事が議論されていますが、日本代表はグループリーグを勝ち抜けるか?と、オイラが尋ねられたら、もちろん!と答えるようにしております。ブラジルはもちろん、オーストラリアもクロアチアも強い。しかしなんっつてもオイラは日本人っす。伊達に4位予想はしておりません...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。